最新情報

2015年7月28日
誰かに薦めたいおすすめAV
初めから終わりまで閲覧可能な有料アダルト動画
アダルト動画は、性欲を発散するためにとても大切なコンテンツです。携帯、タブレット、パソコンなどの通信機器とイン・・・
2015年7月26日
エロネタetc
痴女という夢の生物を愛してやまない男たち
“アダルトビデオなどを見ていると、その一ジャンルとして、痴女ものなるものが存在する。痴漢という言葉・・・
2015年7月21日
誰かに薦めたいおすすめAV
アダルト映像の価値観を探していく
男性用雑誌の巻末などには、アダルトビデオの広告が掲載されていることが多くあります。その広告で何度も見る事のある・・・
2015年7月10日
ここだけにして欲しいエロ話
彼女がイラマチオ中毒のドM女で嬉しいやら困るやら
先日彼女が出来ました。私は今まで一度も彼女が出来たことがなかったので、生まれて初めての彼女となります。大学生に・・・
2015年7月7日
セックスに関する記事
セックスを子供達に教えるべきか否かえるべきか否か
人類だけでなく、ありとあらゆる生物はセックスをして命を繋いできたという現実がある。それなのに、どういう訳か人間・・・

初めから終わりまで閲覧可能な有料アダルト動画

アダルト動画は、性欲を発散するためにとても大切なコンテンツです。携帯、タブレット、パソコンなどの通信機器とインターネットへ接続可能な環境さえあれば見れるので、大変手軽だと言えます。また、ジャンルは素人やギャル、レズ、乱交、美少女 セックスなど、とにかくジャンルがたくさんあるため、細かい性癖を満たせる可能は十分にあります。例えば、性癖は人に言うのは恥ずかしいですし、かなり特殊な性癖の場合は尚更のことです。

アダルト動画には無料と有料があります。無料の場合は、本編を薄く紹介しているため、決して濃い内容ではありません。これは、無料で閲覧可能ということなので、当然ながら有料の本編よりも内容は薄く、目玉となるシーンはカットされている可能性があります。ですから、興奮することを考えると、無料は最高だとは言えません。

一方で、有料アダルト動画については、無料の動画で閲覧可能なシーンはもちろん、初めから終わりまでを閲覧できます。気になった作品があり、それを初めから最後までしっかりと目に焼き付けたい時には、有料アダルト動画の方が内容が濃いため、満足度は高くなります。

有料アダルト動画については、アダルト動画を販売しているサイトで購入することになります。動画によって価格は異なっており、当然ながら新作の方が高く、準新作、旧作となれば価格は安くなっている場合が多いです。また、定額制としている場合もあります。これは、毎月定額の料金を支払うことによって、色々なアダルト動画が閲覧可能になるというサービスです。これはとにかくたくさんのアダルト動画を見たい方にお勧めの方法です。

有料アダルト動画を購入する場合に、無料で閲覧できるサンプルがある場合は、まずはそちらで雰囲気を確かめたり、出演している女優の質を確かめたりなど、無料のサンプルでそれなりに確かめ、楽しめそうだと感じた有料アダルト動画を購入することで、購入して良かったと思うことができます。

痴女という夢の生物を愛してやまない男たち

“アダルトビデオなどを見ていると、その一ジャンルとして、痴女ものなるものが存在する。痴漢という言葉はニュースなどでもなじみがあるが、痴女なる言葉はAVの世界以外ではついぞ聞いたことがない。昨今は男の積極性が無くなったといわれて久しい。草食系男子という言葉は言うに及ばず、最近では絶食系男子などという、女性に対してアプローチすることすら試みない男子が増えているということだ。だが、嘆かわしいとは言っていられない。なぜなら私自身、その例に漏れず、女性恐怖症とは言わないまでも、生身の女を口説く勇気などそうやすやすと沸いてくることのない日常を送っている男の一人だからだ。
そこで登場されるのが我らが痴女様である。まさに、草食系男子と揶揄された男たちが生み出した妄想の極致といえよう。
あるときには、彼女たちは、束になって男をトイレへと連れ込み、無理やり服を脱がせてはペニスを代わる代わる手でいじくっては勃起させ、そのままお掃除フェラ、最後に洗いもしない陰部を男の顔の上に無理やり押し付けて悦に入っている。サディストには理解しがたいだろうが、マゾヒストからしてみれば、まさに性癖ど真ん中、興奮度100パーセントで小躍りせんばかりの状況だ。
逆痴漢というシチュエーションも、痴女物の定番といえよう。
痴漢といえば、いわずもがな男が欲望のままに電車内で女性の足や尻や陰部をまさぐる行為を指す。それを女が男にやるというのは日常ではほぼありえない。官能小説の世界かアダルトビデオの世界でのみ繰り広げられるM男の描く夢物語といっていいだろう。だが、架空の話と分かっていながら興奮するのはなぜだろう。むしろ現実感の乏しいぶっ飛んだシチュエーションであればあるほど興奮してしまうというのがマゾっ気たっぷりな男の悲しい性なのであろうか。いずれにせよ、痴女様たちにはたとえ絵空事の中であっても今後とも存分にご活躍願いたい。無論、男の欲望の尽きない限り、彼女らの活躍の場がなくなるということも無いだろうが。”

アダルト映像の価値観を探していく

男性用雑誌の巻末などには、アダルトビデオの広告が掲載されていることが多くあります。その広告で何度も見る事のあるAV女優は、比較的人気度の高い女の子で有る可能性があります。

毎年AV女優ランキングが発表されるのですが、その中で上位を占める女の子はかなりの作品に出演していますので、顔を見ると見覚えのある女の子がいる可能性が高いのです。

ただ、入れ替わりの激しい業界なので、数年でランキングのトップが入れ替わることもあります。特にアイドル思考のユーザーが増えているので、より若い女の子を求める人が多くなってきています。

そうなると、AV女優ランキングも次第に若い女の子にシフトしていき、数年前のランキングとガラッと変わるような結果となるのです。

良いアダルトビデオを探そうと思ったら、このような人気のある女の子が出演してる作品を選ぶべきです。体のラインが綺麗で肌が白く、本番をしたときの声がかわいい美少女 セックス動画が人気ですし、特に演技のうまい女の子に人気が集中するのです。

それは、最近のアダルトビデオではドラマ仕立ての映像が多くなってきました。なので、そのシーンに入り込んでいけることが大事なのです。どこにでもいる主婦がやってはいけないことをしている様子が興奮出来たり、学校や病院などで予想外の出来事があったりするなどの内容が興奮出来るのです。

そのような感じで映像作品を見ていると、ルックスが最高ではない女の子でも一際目立つような女の子がいるのです。

アダルト映像の必要性から考えると、このような女の子がAV女優ランキングでトップになっても良さそうなのですが、多くの人たちは若くてかわいい女の子の顔優先で選ぶ事が多くなっています。

なので、自分で選ぶAV女優ランキングと一般的な情報との差を感じる人は多いのではないかと考えられます。ただ、アダルト映像に関しては自分で満足ができる映像が一番であり、周りのランキングは気にせずに自分の好きな映像を求めるべきです。最近は無料動画などネットにたくさんあるので求める範囲が広くて嬉しいですね。

彼女がイラマチオ中毒のドM女で嬉しいやら困るやら

先日彼女が出来ました。私は今まで一度も彼女が出来たことがなかったので、生まれて初めての彼女となります。大学生になったからには、彼女と一緒に過ごし、セックス三昧の毎日を過ごしたいと思っていたので、それを叶えることが出来て本当に嬉しく思っています。そんな彼女なのですが、どうやらかなりのドM体質であるらしく、最も好きなプレイが首輪を着用した犬プレイだと言うのです。とにかく命令されるのが好きらしく、私が夜に命令する性的なことであれば、なんでもいうことを聞きます。私は正直S体質ではないので、初めはどうすればいいのか全然わからない状態だったのですが、最近になって彼女の喜ぶポイントや命令の仕方がわかってきました。彼女は命令されることで喜ぶので、優しさを見せてはいけないんだと思いました。私が命令することであればとにかくなんでも聞くので、最近は本当になんでも命令します。先日はケツの穴を舐めろと言い、穴を顔に押し付ける形で顔面騎乗しました。正直やり過ぎたかもしれないと思い、後から彼女に聞いてみたのですが、彼女は非常に満足していたらしく、毎日こんな感じでかまわないというのです。その時に私の中の何かがキレました。先ほどS体質では無いといっていましたが、どうやら内にその体質を秘めていたようで、今では彼女を乱暴に扱うことに少しの喜びを感じています。彼女はどうやら命令されてやるプレイの中でも、強引なイラマチオが特にお気に入りらしいので、私はもっぱらイラマチオでことを済ませることが多くなりました。先日イラマチオをして、精液を喉に流し込んだ後、彼女が物欲しそうに尻を振っていたのですが、私は休憩したかったので、思いっきり尻を引っぱたいてやりました。また、私のよごれたナニを強引に口にいれしゃぶらせたのですが、どうやらその一連の行為でイってしまっていたようで、その姿に興奮した私はまたその流れでイラマチオをしました。
最初こそ困惑しましたが、今ではこんないい彼女もいないと思っています。

セックスを子供達に教えるべきか否かえるべきか否か

人類だけでなく、ありとあらゆる生物はセックスをして命を繋いできたという現実がある。それなのに、どういう訳か人間の世界ではセックスを表だって表現できない残念な状況になっている。子供に見せちゃダメと言う親御さんもいるけれど、そもそも、その子供だって愛の営みによって生まれてきたはずではないだろうか。それなのに、それを寄せ付けない様にするのは矛盾した行動に思えてならない。

隠すのと見せるのと、どちらが良いかを冷静になって考えてみると、やはり見せておいた方が良いのではと思える。その方が子供にとって罪悪感を感じなくて済むというのがあるだろう。ある程度の歳になって初めてキスをしたり、セックスしたりする時に、親の顔がチラつくようではさすがに気分が悪い。こういう時のために親は普段から性に寛容な態度を示しておくべきだろう。

どこかの県で、大きなオチンチンの形をした木を神輿の様に担いで練り歩く祭がある。そういうのを親子一緒で見に行ったりするのも良いだろう。ペニスは悪いものではないというのを実感させる訳だ。

子供は子供で、勝手にセックスを覚えるのだから親が何かする必要は無いという意見もあるが、子供というのは何となく親が望んでいる事が分かってしまう物なのだ。自分が誰かとセックスしたと聞いて、親は喜ぶのだろうか?その様な意識を本人が自覚しているかはともかく、多少なりとも感じているものなのだ。

性について学校で教えるべきではないかという議論もある。例えば、単に性器の名称などを扱うだけでなく、具体的な事について踏み込んでみてはとの意見だ。幼い頃に知ると、実際に行動に移してしまうのではという意見もあるが、私は子供達はそこまで浅はかではないと思っている。善悪の区別くらいは十分についているだろう。ただ、教える時に誤解が無い様にしなければならないのは確かだ。誤った情報が子供達に伝われば、それは性教育として失敗と言えるだろう。

何歳になっても男性たるものセックスの現役で居たいものです

男性なら誰でも、本心では何歳になってもセックスの現役で居たいと思うものです。歳と共に性欲も落ち、精力が衰える傾向は避けられません。
私も例に漏れず、60歳が近づく頃には、弱くなったことを痛感しました。振り返って見ると、私達夫婦は比較的真面目で常識人タイプですが、ことセックスに関してはこの限りではありません。
2人が了承すれば、何でもありの世界です。知らない体位、やった事のない体位がないほど色々な体位を楽しみもしました。もちろん、クンニやフェラなどオーラルセックスも当たり前で、大好きでした。
子供が思春期に入ると、狭い家では思い切りヨガリ声を上げられないと、休日の昼間からラブホで楽しむ事も良くありました。
少し倦怠期になると、妻は派手な下着で迫ったり、ストリップまがいに裸になる光景を見せて、視覚で興奮をかき立ててくれたりもしました。
妻は子供を産んだ後も締りは良く、本当に深く感じると痙攣したようにあそこを締め付けてくれました。また、愛撫やクンニで行く時には、いわゆる潮を噴く事もありました。私の知る限られた女性に中では最高の名器だと言えるでしょう。
私はそんな名器にぞっこんで、50歳代でも1晩に2回行った事も珍しくありませんでした。こんなセックス大好きの夫婦でも、60歳が近づくと徐々に回数も減り、少し淡白なものになって来ます。
それでも、男性である限り、女性に夜の喜びを与える事は義務だと思い、営みを行う時には、妻を必ず昇天させるように頑張って来ました。
しかし、ある時、中折れでできない夜が訪れました。私は大きなショックでした。若い妻は、私以上にショックだった事でしょう。
それ以来、精力剤を服用し、若さと活力を取り戻すようにして来ました。最初は。精力剤なんて効くのだろうかと半信半疑でしたが、服用していると言う気分的なものと、妻の献身的で執拗なフェラに促される様に、最近では再び妻を満足させられるまでに復活しました。
何歳になっても、ED治療薬の助けを借りてでも、セックスを楽しみ続けたいと考えています。こんな私が異常なのではなく、男性なら本心ではそう思っているはずですよネ。

セックス大好きで特にクンニが大好物の女房

私達夫婦の最初のセックスは、挿入なしでオーラルセックスでした。まだ、できちゃった婚が変な目で見られる時代で、デートをしていてそんな気になった時、たまたまスキンが手元になく、クンニで女房を行かせ、フェラで私は発射したのです。
普通なら、最初の相手とは、ノーマルなセックスから、何度か目にオーラルセックスへと進むものです。もちろん、経験豊富な男女なら最初から前戯としてありでしょうが、普通は女性が恥ずかしがるためです。
こんなスタイルで始まった私達夫婦はお互いがセックス大好きで、女房は特にクンニが大好物です。首筋から、胸へと舌を滑らせ、下腹部へと進みます。やがて、舌で花弁をなめ上げ、舌先でクリトリスをころがします。開いた花弁の中の花芯には、この時すでに蜜があふれ出て光っています。
そんな光景を眺めながら、すぼめた舌を花芯に挿入し、舌全体で花弁をなめ、これを繰り返し、女房の興奮が絶頂に高まると、すぼめた唇で花弁や花芯をぐちゃぐちゃに愛撫します。
こんな私のテクニックが女房は大好物なのです。時には興奮して、私の首の後ろに手を回し、顔があそこから離れぬように押しつけ続けるようにする事もあり、そんな時には息ができなくなるほどの時もあります。それでも女房は興奮して止めない事もしばしばです。
女房はクンニで絶頂に達すると、たまに潮を吹きます。潮は小便だとして嫌う男性もいますが、私は平気です。女房が絶頂になり、心を許して我を忘れている証拠なのですから、、、。
こうして絶頂を迎えて、昇天した後、今度は私にフェラを施してくれます。舌をあそこに巻き付けるようにしながら舐め、口に含んでピストンを繰り返します。その時、女房が上目づかいで私の顔を見る淫乱な感じが性欲を更にそそります。
こうして痛いほど勃起して、初めて挿入するのです。女房のあそこは滴るほどの愛液で濡れ、私のあそこをすっぽりとくわえます。こうして体位を何パターンも変えながらフィニッシュを迎えます。お互いにぐったりする間もなく、ぐちゃぐちゃの花弁や花芯に再びクンニを施して、私が元気を取り戻すまでの間も、女房は喘ぎ続き、何度も絶頂を繰り返すのです。
私達夫婦のセックスにとって、クンニは無くてはならぬ愛戯なのです。

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ