ローションプレイをせがむ未亡人の手紙

わたしは真優美という女です。
40歳になりました。
両親も夫も亡くし、今は寂しいことですが夜の生活もなく娘と二人で寂しく生活しており、相談相手もおりません。
今は母娘2人きりで支えあって生きています。
本当は私が元気に振舞わないといけませんが、先日、娘からお母さん元気出して…なんて言われてしまいました。
こんな事ではいけませんので、些細な事でも相談に乗ってくださる男性を探しているのです。
お礼はローションプレイで返させて頂いております。
あなたとお会いしてローションプレイでご奉仕したいと思っていますが、まずは直接あなたに見てもらう事もできます。
出来るだけご迷惑をお掛けしたくありませんので、あなた様がご希望するローションプレイの方法でも、何でも受け入れますので大丈夫でございます。
もし本当にあなた様がお話を聞いて下さるのならば、わたしで良ければ何でもさせて頂きます。
夜でしたら、少しだけでもお時間を作ることは出来ますでしょうか?
ローションプレイを存分に出来ればと思いますし、わたしのお話だけでも聞いてもらえたらと思います。
もし、わたしのお願いを聞いてくださるのであれば、本日でも今夜でも、わたしの身体を受け取ってもらいたいと思っています。
たった一度だけで構いませんので、私の話に耳を傾けてくれませんか?
突然ローションプレイのお話をするというのは信じられない事かもしれませんが、わたしのお話を聞いて頂ければ納得が出来るかと思いますので、お話だけでも聞いてもらえないでしょうか?
男性の方であれば、私のお願いは決して難しいことではないと思いますが、もしあなたが何か遠慮されているのであれば、わたしの方が遠慮されても困るのです。
お願いは決して怪しい内容ではありません。
勿論、痛いことをしようとかいうようなこともないので安心して下さい。
私には時間も残されてませんし、詳しくお話ししたいのでお話を聞いて欲しいだけなのです。
急かすような形になってしまい大変申し訳ないのですが、どうか一度ご連絡下さい。
お待ちしております。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ